早漏と遅漏の違いを説明しています。早漏・遅漏は原因も治療法も大きく異なりますが、早めに対処することが必要です。

早漏改善サポート
  1. トップ
  2. 早漏と遅漏

早漏と遅漏

遅漏 早漏と遅漏の違いは大雑把に言えば射精に至るまでの時間が早いか遅いかの違いです。
ですが、この「早い」「遅い」の原因はそれぞれ要因も違えば治療方法も異なります。
さらに相手の捉え方(早いと感じるか遅いと感じるか)にも個人差があるため、自身の症状に気づかない人がいるのも現実です。
対象者との性行為が円満であれば何も問題ないですが早漏も遅漏も捉え方によって不仲となる原因になりうるので正しい知識を身に着けておくことが大事です。

早漏と遅漏の違い

早漏とは自分の意に反して射精に至ってしまう症状を言いますが、遅漏は射精しようと思っても射精に至らない症状です。
早漏の要因としては大きく分けて「過敏性早漏」「包茎性早漏」「心因性早漏」「衰弱性早漏」の4つの原因があり、それぞれ手術やサプリメントを服用するなどの治療法が存在します。

遅漏の場合は自慰行為のしすぎで刺激を感じる部分が鈍感になってしまう外的要因から、過去のトラウマ(メイルレイプが原因によるもの)が原因となる精神的要因(内面的要因)までその要因は様々で、中でも精神的な問題で射精ができない症状が続くと勃起不全などの障害が出てくる可能性があるので早急な治療が必要です。
また、長時間に渡る女性器への挿入によって女性器内が傷ついたり、腫れたり、相手が疲れてしまったりといった悪影響があるため、早漏よりも嫌われることが多いと言われています。

早漏・遅漏の原因・治療方法

こういった遅漏の症状を解決する治療方法として、自慰行為の自粛、または精神的な問題が大きな要因としてある可能性があるため、精神科、もしくは心療内科に相談する方法が最も望ましいとされています。
このように早漏と遅漏では症状の違いはもちろん原因も治療方法も大きく異なります。
対象者からいずれかの指摘を受けた場合には恥ずかしがらず適切な治療をすることが円満な性生活をする為にとても重要です。