早漏の原因を説明しています。早漏は過敏性早漏、包茎性早漏、心因性早漏、衰弱性早漏に分別されそれぞれで原因が異なります。

早漏改善サポート
  1. トップ
  2. 早漏の原因

早漏の原因

早漏 日本人男性の女性の膣への挿入から射精に至るまでの平均時間は若年層で6分~9分と言われています。
この平均よりも早く射精に至ってしまうことを一般的に早漏と呼ばれていますが、実は早漏と呼ばれるのは時間的な定義によるものではなく、自分で射精までの時間やタイミングをコントロールできれば例え6分で射精に至ってしまったとしても早漏とは呼ばれません。

早漏とは射精のタイミングを自分でコントロールできず、脳とは無関係に射精してしまう症状を言います。
この早漏の症状を引き起こす要因として過敏性早漏包茎性早漏心因性早漏衰弱性早漏の4つの原因があげられます。

過敏性早漏

過敏性早漏とはペニスの感触神経が過敏に反応してしまい、ペニスや陰茎へのほんの少しの刺激でも射精に至ってしまう症状で早漏の原因の中でも最も多いと原因と言われています。
女性の膣の締め付けに弱く、亀頭を指で刺激するとくすぐったいような感じがしたりといった症状があります。

【改善方法】
 ・リドカインを局部に塗布する
 ・リドカインを通販で購入する

包茎性早漏

包茎性早漏(仮性包茎性早漏)とは、性行為(挿入時)の摩擦によって亀頭が強い刺激を受ける事で射精までの時間をコントロールできなくなり、意図せぬ形で射精に至ってしまう症状です。
日本人の男性の6割は包茎(仮性包茎)と言われており、過敏性早漏に次いで早漏となる原因として多い症状です。

【改善方法】
 ・リドカインを局部に塗布する
 ・リドカインを通販で購入する

心因性早漏

心因性早漏とは外的な要因(過敏な刺激を受けることで意図せぬ射精に至るケース)ではなく、内面的なものが要因となる症状で、主に心理的ストレス(劣等感や不安、恐怖)が原因で起こる症状です。
心因性早漏となる心理的ストレスの原因として、性行為に対する劣等感や不安が挙げられます。
例えば、初めての性行為で不完全で終わってしまったり、極度の緊張によって挿入直前・または挿入直後に射精してしまったりと性行為で何かしら失敗をしてしまった時に、それが不安となり、次の性行為の時まで引きずってしまう(失敗を思い出してしまう)ような人はこの心因性早漏になりやすくなります。

【改善方法】
 ・スーパーカマグラスーパータダライズタダポックス等の早漏改善薬を服用する
 ・早漏改善薬を通販で購入する

衰弱性早漏

衰弱性早漏とは加齢による筋力の低下によって射精を我慢できずに意図せぬタイミングで射精に至ってしまう症状で、射精を管理している射精管閉鎖筋の筋力が低下が原因で起こる症状です。
40代前半~50代に多い症状と言われています。

これらが要因となる症状は適切な治療法によって改善できます。
その為にも、まずは自身がどの要因で早漏の症状が起きているのかしっかり把握する事が大事です。